ごまだれ

実家の夏の昼ごはんはだいたいこれ。

a0018237_14530.jpg


私が大好きなのを知っていて、帰ると母が用意してくれるのだ。

見た目はそうでもないが、やみつきになる味。
このゴマだれは、炒ったゴマ(マグカップ一杯程度)をよくすりつぶした中に、
細かく刻んだシソ(10枚くらい)をたっぷり入れ、さらにすりつぶしたら、味噌、砂糖を入れて
水でのばしてできあがり。もっと冷たくしたいときは氷を入れる。
だしなんかは入れないほうが、ゴマとシソの風味があっておいしいようだ。
試しに入れたら不味かった。
そこへ薄切りにしたきゅうりをたっぷり入れて、そうめんや、冷麦、うどん、等の麺でいただく。

今回は埼玉県幸手市の方にある麺麺屋というところの手打ちの生ひやむぎ。

暑いときは食欲が無くなるが、これだと麺がいくらでも入る。

ひやごはんにかけるとまた違った味になる。

この冷や汁は埼玉県の大宮地方だけの郷土料理かと思っていたのだが、
先日越谷方面の友人と話していても食べていたことがわかった。

みなさんの街では冷たい麺はどんなタレで食べてるんでしょう?
[PR]
Commented by yanyan_akiko at 2004-07-04 14:23
冷や汁ってたまにテレビで見かけますね。
その中にご飯入れて食べているところもあったり。
しかし、暑いとどこの家も同じよーなもの食べますね。
自分の家も昨日ソーメンだった。
こんなくそ暑いのにあっついご飯なんかくえるかー!てくらいに。
うちは、ソーメンのつゆの元です。
昔はシイタケとかダシでとっていましたが時代の波ということで(面倒なだけなんだが)
Commented by ayaghann at 2004-07-06 22:16
やはりソーメンになりますね、こう暑いと・・こんやもそーめんたべよ。
シイタケで出汁とってもうまいですよね。じかんかかるからやらないが。。
by ayaghann | 2004-07-04 14:06 | 料理・食べ物 | Comments(2)

好きな事だけを好きなだけして。 モデル・アロマセラピスト石井亜矢子のブログ


by AYAKKKO