乳香とアラブのお香 バフールづくりの講座 オマーン大使館

オマーン大使館香研究会IRIの共同開催の
お香と乳香の講座を受講してまいりました。

乳香の樹を傷つけるとにじみ出てくる樹脂、これが乳香(フランキンセンス)です。
エチオピアやソマリア産も有名ですが、オマーン産がとても質がよい、と聞いておりました。

キリストの誕生の時に錬金術師から贈られたものの一つとしても有名ですよね。


アロマテラピーを学び、
実際にアロマトリートメントや手づくりの化粧水、芳香浴など、
いろいろな用途で精油に触れていくうちに
その瞑想的な香りに魅せられました。
なにより、お肌つやつやになるし、
ブレンドに入れると、ぐっと深みの出る精油なんですよね。。


そんなフランキンセンスの精油の原料である乳香や、
香りの文化の歴史の中でも古くからある薫香や、アラブの文化にも興味を持ち、
知識を深めたいと思っておりました。、
受講できてよかったです。

大使館の室内です。
a0018237_2114370.jpg

内装もアラブ
a0018237_21143427.jpg

扉など随所にイスラム文様がありました。写真とってくればよかったです。
a0018237_211445100.jpg

リラックスしたスペース
a0018237_21151020.jpg

素晴らしい鏡にこっそり自分を映してww
a0018237_21153860.jpg

ハー素敵。
a0018237_21163596.jpg

講座が始まりました。
オマーンの地理や歴史、実際の様子など、そして文化や乳香の木、など
渡辺先生からわかりやすい講義がありました。
a0018237_21163753.jpg

そして実際にオマーン産の乳香の樹脂やクロモジ、ミカンの葉、ヒバの木などをつかいお香作り。
a0018237_21165130.jpg

乳鉢でつぶして混ぜていきます。

家で焚きました。ヒバやミカン、クローブなども入って・・・。
今回は乳香とはどういうものなのか、も触れられて、
ブレンドなどの勉強にもなりました。
チューインガムのように噛む上質な乳香も手に入れることができました
オマーンの方達はそのようにして歯周病の予防もしているとの事でした。

フランキンセンスには抗真菌作用、抗菌作用、抗炎症作用、止血などありますので、
なるほどな、と思いました。
口いっぱいに独特な香りが広がります。
よい経験となりました。

ありがとうございました
[PR]
by ayaghann | 2014-09-28 21:12 | アロマ・ハーブ・緑とか自然とか | Comments(0)

好きな事だけを好きなだけして。 モデル・アロマセラピスト石井亜矢子のブログ


by AYAKKKO